忍者ブログ
バツイチオヤジのお気楽で不節制な毎日と飲み歩き&食べ歩き
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕の好きなブログに、サカキシンイチロウさんという外食産業のコンサルのお仕事をしている方が書いている「サカキノホトンブログ」というブログがあり、毎日更新で画像が非常に綺麗で、楽しい味のある文章が大好きで、ほぼ毎日見ています。
このブログを知ったのは、今務めている会社が曙橋から荻窪に移転する3~4年前ですから…今から4~5年くらい前、お昼何食べようかな…とネットを見ていたら、四谷三丁目・荒木町界隈の情報が載っているブログで、画像も綺麗だし、非常に楽しくて味のある文章で、嫌みのないブログだったので、ほぼ毎日更新を楽しみに見ています。

そのブログの中で、サカキ氏がオキニイリランキング上位と推している三宿に日本国内の本店がある香港麺のお店「新記四谷三丁目店」がすごく気になっていたので、荒木町で軽く一杯やった後にお邪魔してきました。

つゆそばも気になっていたのですが、陽気も良くなってきたので、つゆなしで…と思って注文したのが「牛バラつゆなし麺」。
日本麺850円と香港麺950円を選べるので、折角、香港麺のお店に来たんだから…香港麺を食べない訳にはいかないでしょう。

閉店間際の時間でホールのお姉さんたちは、なんとなくやる気なさ気ですが…中国人のお店ですから接客クオリティはこんなもんでしょう…^^;

2012-0514-224045828.JPG2012-0514-224051925.JPG

登場した「牛バラつゆなし麺」はつゆなしと言っても皿に醤油ベースのタレが注がれていて、そこに麺を入れ、醤油味に柔らかく煮込んだブロック状の牛バラ肉と青梗菜、青ネギをトッピングしたもの。

興味を惹かれた香港麺は、見た目ビーフンのような極細麺で見た目は頼りなさそうですが食べてみると意外と歯ごたえがあって、しっかりした食感。
どこか、パサッとした感じで口の中でバタバタ暴れる感じで見た目の頼りなさとは違って意外と力強さを感じさせる印象の面白い麺です。

2012-0514-224134387.JPG2012-0514-224239400.JPG

メインの具になる牛バラ肉は、醤油味で煮込まれていて、少し香辛料の風味か、ちょっとだけ癖がある味付けで好き嫌いが分かれるかもしれませんが、僕的には悪くない味だと思います。
柔らかく煮込まれていて、肉の筋や繊維も気になるようなことはないし、口に入れたとき蕩けるような食感の脂身もなかなか旨いですね…

2012-0514-224057791.JPG2012-0514-224122683.JPG

つゆなし麺に付いてくるスープは、少し白濁した旨味のある塩味の鶏がらスープで、シンプルで身体に優しそうで旨味もしっかりしていてなかなか良いですね…個人的には、もう少し味にアクセントがあってもいいかな…とも思いますけど、旨いスープだと思います。
アッサリ系の少し白濁した鶏がらスープは、つゆありの湯麺(スープ麺)にも使われているということなので…食べてみたくなりますね…よし、また来よう^^

拍手[2回]

PR
今日の昼飯は、クライアントとの打ち合わせの帰り道に新宿三丁目で途中下車して、伊勢丹会館の地下にある広島の老舗料理店「安芸路酔心」さん。

今日は、同行者が年配者なので、お店のグレードを上げて和服の御姉様方がキビキビと働く昔ながらの料理店。
地元の広島では、良家の子女が躾の為に…と働きに出される店らしいけど、こちらのお店は、比較的に堅苦しさを感じさせない感じのお店で、有閑マダムに混ざっての優雅なランチと言っても価格は、意外とお値打ち価格です。

同行者のおじ様とおば様は、瀬戸内天丼945円で、僕は、小いわし丼892円。

拍手[2回]

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
Kunihiko Watanabe

バナーを作成
最新コメント
[10/07 此処山岡]
[04/24 闇の狩人貴丸]
[04/23 遊び人]
[03/22 遊び人]
[03/22 小太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
デーブ渡邊
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1967/04/06
職業:
非凡な会社員
趣味:
食う飲む寝る…そして働く
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
アクセス解析
Copyright © 基本的にお一人様 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]