忍者ブログ
バツイチオヤジのお気楽で不節制な毎日と飲み歩き&食べ歩き
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一昨日の寄り道は、久しぶりに神田で途中下車しての寄り道です。
通勤経路からは、外れているけど、昔ながらの居酒屋が多く活気のある町で、好きな町の一つです。
お邪魔したお店は、神田駅北口近くにある大衆割烹「三州屋」さん。
交番隣の本店は、大繁盛だったので、路地裏の支店にお邪魔しました。

このお店、暖簾に書いてあるとおり大衆的な価格でちゃんと手間かけた料理を出してくれるお店です。

ただ、本店に比べて支店は、ホール担当のオバチャンたちが、マイペース過ぎてよろしくないのが気になるんだけど…まあ、接客をどうこういう店でもないので、気にせず行きますか…と暖簾をくぐりました。

カウンターに陣取ると忙しそうにテンパり気味のオバチャンにサッポロラガーの大瓶と〆さばとげそぬたを頼んだら…生中が出てきていきなりヤられました。

まあ、ビールには変わりないからいいか…と諦めて飲み初めると〆さば登場。

このお店の〆さばは、お店自家製なので、毎日、出来が違うんです、この日の〆さばは、まあまあの出来。
脂ののりと酢の〆具合が良い感じです。
そして、後を追って登場したのが…鮪の、ぬた。

間違ってますが、怒ったところで、酒が不味くなるだけだし、鮪とげそのどちらにするか悩んだ料理でもあるので、また我慢です。

飲物を芋焼酎の小鶴くろの水割りに変えて、二杯めのおかわりを注文しつつ、そろそろ最後の一品を…と考えて、店の人気メニューのとり豆腐を注文。

焼酎水割りで冷えかけたお腹が暖まって、なんか いい感じです。
出汁の効いた汁の中に鶏肉、豆腐、春菊だけが投入されたシンプルな煮物系の料理で、薬味の入っているポン酢醤油でいただく小鍋立感覚の料理で、素朴ながらも旨いし、温かい料理の身体への優しさを感じられて、系列店全ての名物&人気メニューであることも頷けます。

これでお勘定してもらい〆て、3040円…ちょっと食べ過ぎだったかな^^;

拍手[1回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
フリーエリア
Kunihiko Watanabe

バナーを作成
最新コメント
[10/07 此処山岡]
[04/24 闇の狩人貴丸]
[04/23 遊び人]
[03/22 遊び人]
[03/22 小太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
デーブ渡邊
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1967/04/06
職業:
非凡な会社員
趣味:
食う飲む寝る…そして働く
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
アクセス解析
Copyright © 基本的にお一人様 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]