忍者ブログ
バツイチオヤジのお気楽で不節制な毎日と飲み歩き&食べ歩き
[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今夜の寄り道は、荻窪駅西改札北口近くに数日前にオープンしたばかりの、浪花ひとくち餃子のお店「餃々」さん。

関西系のパリパリ一口餃子と聞いたら餃子好きとしては、聞き捨てなりません。
お店の場所は、お気に入りのもつ焼屋「加賀藤」さんのお隣なので、寄り道スポットがまた増えてしまいました。
今夜は餃子と言えば、ビールってことで…

生中410円と自家製きゅうりピリ辛漬け305円でスタートです。

そして、餃子は、看板メニューの「チャオチャオ餃子」2枚560円を注文したら、お店の元気なお姉ちゃんが、「このご注文ならお気軽セットの方がお得です」と言って1275円の伝票を1200円に訂正しちゃって、チャオチャオ餃子が登場します。

餃子は、下味が付いてるということですが、とりあえず用意されている酢醤油に辛味噌と味噌ダレを小皿に取っていただきます。

パリパリ…というには、ちょっと焼が甘い感じだけど悪くない餃子です。
ニンニクは感じられず、野菜と肉の旨味で勝負に出た餃子です。
一口サイズの薄皮餃子で女の子でも食べやすいかも?
スタッフの男子は、元気なお姉ちゃんスタッフに比べると、ちょっと元気ない感じだけど、悪い印象は、ありません。
メニューを見て水餃子もあったので、「海老入り水餃子」410円を追加。
するとお姉ちゃんが、「このご注文なら…」と始めます…まだお得なメニューがあるの?と聞いたら「満足セットなら合計1610円が、1500円になります。」ということでした…流石は、浪花の商人だけあって商売上手です。
つられて、生中おかわりしちゃいました^^

水餃子は、厚皮でムッチリ&モッチリした食感にアッサリした醤油ダレが添えられてます。
皮がちょっとだけ粉っぽい感じだけど、概ね良好な水餃子です。
ドリンクを、レモンサワー305円にして、気になっていたメニューの「黄金カレイのえんがわユッケ」305円を追加。
原材料をカレイのえんがわと明記して、平目のえんがわと錯誤させないところが潔い姿勢だと思います。

特別に旨いって訳でもないけど、食感からわかりやすい食材なので、お通しなんかに使ったら、面白いね…って、なるかも?

今夜は、この程度で…とお勘定したら〆て2510円。
メニューの品数を絞ったお店の営業スタイルにしたら、食べ過ぎだたかな…初回だったので、色々注文してしまいました。

拍手[1回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
フリーエリア
Kunihiko Watanabe

バナーを作成
最新コメント
[10/07 此処山岡]
[04/24 闇の狩人貴丸]
[04/23 遊び人]
[03/22 遊び人]
[03/22 小太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
デーブ渡邊
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1967/04/06
職業:
非凡な会社員
趣味:
食う飲む寝る…そして働く
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
アクセス解析
Copyright © 基本的にお一人様 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]