忍者ブログ
バツイチオヤジのお気楽で不節制な毎日と飲み歩き&食べ歩き
[85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

椎間板ヘルニアの痛みに耐えつつ横須賀ネタ第2弾です。

横浜から京浜急行に乗って追浜駅から横須賀に入ると山が海に迫った谷戸と呼ばれる地形を駆け抜ける京浜急行は連続するいくつものトンネルを抜けて快速特急の停車駅で横須賀の繁華街にある横須賀中央に着きます。

DSCF5361.jpg

横須賀中央駅を出て、駅前の「Yデッキ」と呼ばれるペデストリアンデッキ渡り、目指すお店は横須賀中央駅前のザ・プライムというビルの裏手の吹き抜けのような通路にある大正2年創業の大衆酒場「太田屋」さん。

お店の場所は非常にわかりずらく、横須賀中央駅から行くなら、Yデッキを渡ったら一番右手の階段を下りて、牛丼屋の松屋さんの脇の吹き抜けに入る…というのが一番分かりやすいかな…
吹き抜けを覗き込むと吹き抜けを抜けた通りに焼き鳥屋があって、店先の路地にあるテイクアウトコーナーにまで人が群がって立ち飲みしている店の近く…と言っても地元の人には分かるかも?

横須賀は、古い居酒屋も数多く現役で営業していて、「横須賀ホッピー」など独特の酒場文化のあるお店で、この太田屋さんも横須賀の独特な酒場文化の特徴の一つ「横須賀湯豆腐」発祥のお店でもあります。

2012-0512-181807505.JPG2012-0512-181751391.JPG2012-0512-173615275.JPG

薄暗い吹き抜けにあるお店は、大衆酒場の名のとおり、超シンプルな店構えで店内は明るく、オジサンたちでにぎわっているお店ですが、最近は女性の一人客やカップルのお客を見かけるようになりました。
また、古くから営業しているお店なので、お祭りのときなどは、親子三世代が飲んでいる微笑ましい光景にも出くわすお店で、昭和な脱力系のお店で、店構えが良く言えば近代的、悪く言えば味気ないって感じのシンプルな店構えであるためか、店の雰囲気お構いなしにネットで知り合った程度のお互いの本名も知らずその時だけの仲間と乾杯のジョッキを合わせた状態で固まって写メを撮りまくり酒も大して飲めないのに酒豪を気取る自称「居酒屋通」の理屈だけの酒飲みの被害に合うことが少ないようです。

逆L字型のカウンターに8人程度、テーブルが10数名程度の小さなお店で、三代目の女将さんを含めて、おばちゃん三人が切り盛りしています。

午後5時ちょっと過ぎに店に入るとカウンター席は常連のオジサンたちで、ほぼ満席でみんな壁に掛けられた店の不似合いな液晶テレビで相撲観戦中で取組結果に一喜一憂の緩いムード…この雰囲気が、いかにも大衆酒場って感じでいいんですよ…

とりあえず、カウンターの一番端っこが空いていたので、そこにお邪魔して「ホッピー」450円を注文します。

2012-0512-174426226.JPG2012-0512-172253911.JPG2012-0512-174646226.JPG

冒頭に書いたホッピービバレッジ社長のホッピーミーナも腰を抜かすであろう究極の三冷ホッピー「横須賀ホッピー」の登場です。

横須賀の老舗酒場のホッピーは、氷なしで出されることが多く、この店も例外なく、普通にホッピーを頼むと氷は当たり前のように入ってません。

飲み方を知らない時は、普通のホッピーのように外を数回に分けて入れるものだと思って飲んだら、思いっきり濃~いホッピーが出来上がってしまいます。

横須賀ホッピーは、よく冷やされたジョッキに普通よりかなり多めの冷え冷えの焼酎を入れた状態で提供され、ジョッキに一気に良く冷えたホッピーを注ぎ込んで一丁上がり!

2012-0512-174413272.JPG2012-0512-174502262.JPG2012-0512-174514735.JPG

ジョッキ1杯の焼酎にホッピー1本が摺り切り一杯入る見た目ビール風で、戦後にビールの代用品とされていたホッピーの本質を追求したようなホッピーです。
一見薄そうに見えますが…これが、超濃いけど口当たりが良くて数杯飲めば良い気持ちになれる危険なお酒です。

そしてつまみといえば…この店に来たら「横須賀湯豆腐」でしょう。
起源は詳しく知らないし知ろうともあまり思わないんだけど普通の湯豆腐の上に練り辛子を塗り付け、その上に味の素、刻み葱、削り節をトッピングしたシンプルながらも、豆腐と辛子の絶妙な味わいがいい感じの素朴な料理です。
夏っぽい陽気の一日を終え、熱々の湯豆腐で、良く冷えたホッピーをグイッってやるのもいい感じです。

2012-0512-172348210.JPG2012-0512-173044791.JPG2012-0512-175252501.JPG

そして店内を見回して、「いわしさしみ」400円もいいかな…と思ったのですが、その隣の「しこさしみ」400円を発見!これは頼まないといけないでしょう…
これ、一匹ずつ手開きで捌くの手間がかかっただろうな…って感じの、しこいわしが15匹分くらい小皿に盛られ、いかにも新鮮そうなギンギラギンに輝いてます。
最近見かけなくなったメニューで、小ぶりながらも適度に脂ののった身は、青魚の風味が舌の上に蕩けだすようで堪りません。

そして、三品目のつまみに選んだのは「まぐろ漬焼き」450円。
見た目からすると、鮪の刺身の余り物っぽい感じですが…食材を無駄にせず価格と利益を維持しようとするお店の姿勢には好感が持てます。
多分、鮪の切身をニンニク醤油に漬け込んだのだろうな…って感じのものを器から取り出して、アルミホイルに包んでフライパンで蒸し焼きにして仕上げているのを見ると…オバチャンなかなかの料理の腕手のようです。

食べてみると、かなりしょっぱいけど、適度に酒が進む醤油が勝ったニンニク風味で添えられた大根おろしと一緒に食べると酒が進む肴です。

結構長い時間ニンニク醤油に漬け込んでいるようなので、焼き台や魚焼き機ので直火焼いたら、しょっぱくて硬くなって食べられなくなるであろう食材をホイル焼きにすることで素材表面が水分が飛んで塩辛くなったり硬くなるのを防いでいるんでしょう。

濃いめの横須賀ホッピー2杯に、つまみ三品で適度に酔い心地になったところで、この日は歩いていて気になったお店があったので、早めに切り上げてお勘定は2000円ちょうど。

心とお財布に優しい酒場で大満足でした。



 

関連ランキング:居酒屋 | 横須賀中央駅汐入駅

拍手[1回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
フリーエリア
Kunihiko Watanabe

バナーを作成
最新コメント
[10/07 此処山岡]
[04/24 闇の狩人貴丸]
[04/23 遊び人]
[03/22 遊び人]
[03/22 小太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
デーブ渡邊
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1967/04/06
職業:
非凡な会社員
趣味:
食う飲む寝る…そして働く
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
アクセス解析
Copyright © 基本的にお一人様 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]