忍者ブログ
バツイチオヤジのお気楽で不節制な毎日と飲み歩き&食べ歩き
[74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金曜日は野方屋さんで飲んだ後、永坂更科さんあたりで蕎麦を手繰ってあっさりと…とも思ったのですが、思い出横丁のラーメン屋「若月」さんの前を通ると、なんだか知らないけど、この店の「焼きそば」を無性に食いたくなってしまうんです。
Vimi_20120504_205636.jpgVimi_20120504_205736.jpg
自家製麺の看板を掲げるカウンターだけの小さなラーメン屋さんですが、僕的にこの店はラーメン屋より、焼きそば屋って感じのお店です。
というのも路地に面した店先に鉄板が設けられていて、鉄板の脇には下拵えされた焼きそば用の麺が山盛りで待機していて、注文が入ると屋台の焼きそば屋さんのように鉄板で焼きそばを炒めて出してくれるお店なので、ついラーメンより焼きそばの方が印象に残ってしまうんです。

結局この日も、焼きそばの誘惑に負けて、若月さんのカウンターに腰掛けて、店のオバチャンに「焼きそば並」380円を注文すると、店先の鉄板でジュージューと手際よく調理が始まります。
多分、ラードで炒めて下拵えしてある麺に細長く切ったキャベツともやしを加え小さなアルミ製の急須に入ったスープのようなものを回し掛けて麺と具材を炒め合わせ、水分が飛んだら昔ながらのペンギン容器入りソースを投入して味を調え皿に盛り、青のりと紅ショウガをトッピングして5分弱の待ち時間で出来上がり。
Vimi_20120504_205827.jpgVimi_20120504_205915.jpg

小さな皿に山盛りで盛り付けられているので、ボリューム感を感じますが、量的には、普通の一人前よりちょっと少ないくらいの量で、ソース味も優しい味付けなので飲んだ後に食べても負担に感じない程度のボリューム感です。

肉なし焼きそばって感じのチープな見た目ですが、麺は平打ちに近く柔らかくウエーブのかかったコシの強いお店オリジナルの独特な麺で、肉は入っていなくとも動物性油脂の旨味も加えられていて、なかなか旨いんです。

思い出横丁のムードにピッタリで、毎日食べたら飽きちゃうかもしれないけど…飲んだ後にたまに食べると、滅茶苦茶旨く感じる焼きそばです。

拍手[2回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
フリーエリア
Kunihiko Watanabe

バナーを作成
最新コメント
[10/07 此処山岡]
[04/24 闇の狩人貴丸]
[04/23 遊び人]
[03/22 遊び人]
[03/22 小太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
デーブ渡邊
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1967/04/06
職業:
非凡な会社員
趣味:
食う飲む寝る…そして働く
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
アクセス解析
Copyright © 基本的にお一人様 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]